『本をめくると音楽が聴こえてきた』vol.6 haruka nakamura×西森千明×西淑 「人はかつて樹だった」(長田弘)

updated : 2014.10.15


本をめくると音が鳴り、小さな風が生まれる。
行間にこめられた感情や匂い、音楽や色彩が、運ばれてくる。
本をめくる行為はまるで、楽譜をみながら演奏しているよう。

熊谷充紘さん(ignition gallery)の企画で、テーマに選んだ本を、音楽と映像のセッションで表現する『本をめくると音楽が聴こえてきた』。
vol.6は、長田弘さんの『人はかつて樹だった』(みすず書房)を、haruka nakamura&西森千明の音楽と、西淑さんのライブペインティングで、お届けします。

2014年11月3日(月・祝)

出演:

-音楽-
haruka nakamura (website)
西森千明

-ライブペインティング-
西淑  (website)

-朗読-
熊谷充紘

会場:
恵文社 cottage
(website)
料金:3000円

ご予約:ignition.gallery@gmail.com
件名を「本をめくると音楽が聴こえてきた・vol.6 または vol.6&vol.7 」とし、
お名前(ふりがな)・ご連絡先・ご予約人数を明記の上、メールをお送りください。
また、恵文社一乗寺店の店頭でも承ります。

*翌11月4日に行われる、vol.7 ロラン・バルト『明るい部屋』青木隼人×狩野岳朗との共通チケットもございます。
vol.6の料金は3000円。vol.7の料金は2800円。2日間共通チケットは5000円になります。
詳しくは、イベント詳細ページもご覧下さい。

イラスト:西淑
企画:熊谷充紘(ignition gallery)(website)